オトーは月刊スターログと

オトーは月刊スターログと

「オトーは月刊スターログと 」に関するふたつみっつのお知らせ

過日、惜しまれながら最終回を迎えた拙サイトの看板企画「オトーは月刊スターログと」に関しまして、ふたつみっつ、皆様にお伝えすることがございます。

オトーは月刊スターログと

オトーは月刊スターログと[総目次]

月刊スターログを紹介する当サイトの連載企画「オトーは月刊スターログと」総目次です。
連載中はスターログ発行日に関係なくランダムに取り上げていたのを、スターログ発行順に並べています。

オトーは月刊スターログと

ネタバレ全開か!オトーは月刊スターログと #41:1983年3月号

スマホを見ながら駅のホームを歩くのはやめましょう。危険です。
でも過去の思い出に浸るのはいいですよ。だって僕らに未来なんて無いんだから。
というわけでおっさんの後ろ向き企画「オトーは月刊スターログと」第41回はこれ。

月刊スターログ日本版NO.53:1983年3月号 定価680円

オトーは月刊スターログと

1984年はディストピア。オトーは月刊スターログと #40:1984年1月号

今日僕は気づいたんだ。
未来には限りがあることに。そして。
過去にも限りがあったってことにね。

はい。意味深な導入で始まりましたが、今回の限りある過去はこれ。

月刊スターログ日本版NO.63:1984年1月号 定価680円

オトーは月刊スターログと

「オトーは月刊スターログと」新春お年玉増刊号「日本版ファンゴリアNo,17 : 1996年11月号」

謹賀新年 お年玉なんてあげるばかりで自分はもうもらうことなんてないと思っているお友達にきょうはうれしいお年玉だよ。

オトーは月刊スターログと

第2回国際SFアート大賞発表!オトーは月刊スターログと #39:1983年9月号

クリスマスといえば月刊スターログ。スターログといえば国際SFアート大賞。SFアート大賞は光る。光るはオヤジのハゲ頭。 というわけで、ハゲてもハゲなくてもオヤジはオヤジ。未来なんてありません。あるのは思い出だけ。思い出にすがりつかなくては生きることなどできません。明日布団から出られません。寒くて。