テレビなど

活字の子

日曜の朝早起きしてテレビ見て本屋に行って辺見庸『月』を買った

日曜日に早起きしたので、録画が溜まっていた『新・必殺仕置人』でも観ようかとテレビをつけたら辺見庸が喋っていた。 なんだろうと番組表で確認すると、NHKの『こころの時代~宗教・人生~「“在る”をめぐって」』という番組で、1時間枠のすでに20分ほど経過していた日曜日の朝5時20分。
日々棒組み

日々棒組み772 平成最後の紅白歌合戦を観たら

平成最後の大晦日をだらだらと過ごしていたら平成最後の紅白歌合戦が始まったのでだらだら観ただら。 例年はテレビのチャンネルを変えるときに通りがかってちょっと見る、くらいでしたが、今年はほとんどチャンネル変えませんでした。
テレビなど

帰ってきた水曜日のお楽しみ!始まってました『有田と週刊プロレスと』シーズン3

ベイダーに続いてマサ斎藤。私がプロレスを愛していたあのころに活躍していたプロレスラーの相次ぐ訃報に、私のPHB(プロレス・ハッピー・バロメーター)はこのところダダ下がりである。もうプロレスを好きだったあの気持ちなんか封印して生きていこうか。...
テレビなど

始まってました。『 #有田と週刊プロレスと 』シーズン2エピソード20を観たら

 エピソード19に引き続きのヒクソン高田戦(1997年10月26日増刊号No.819)。ゲストのビビる大木もプロレスファンで話が弾んでます。プロレスにあまり詳しくないゲストの回も面白いけど、プロレスファンどうしの弾む会話は面白い上に心地よい...
テレビなど

水曜日のお楽しみ。『 #有田と週刊プロレスと 』シーズン2 エピソード15を観たら

毎週配信が楽しみでしょうがない『有田と週刊プロレスと』。エピソード15は先週の続きで週刊プロレス1992年11月10日号。私の大好きな北尾光司ネタ。「大好きな北尾光司」ネタ、じゃなくて大好きな「北尾光司ネタ」ね。 思えば北尾光司。そんなに...
テレビなど

プロレスを愛していたあの日々はこのためにあったんじゃないかと思えるくらい面白い『有田と週刊プロレスと』を観てるよ

その昔、プロレスが好きで、『週刊プロレス』と『週刊ゴング』を毎週買っていた期間があった。『ゴング』にはじっくりとした読み物があったりして、それはそれで面白く価値のあるものだったが、『プロレス』の方が勢いがあって、刺激的で、扇情的で、プロレス...