553 絶妙なネーミングだと思ったの

映画・ドラマ

最近声優に興味を持った娘が、好きな声優が出ているから観たいと言って映画館からもらってきたチラシが『バケモノの子』。あれはひと月くらい前だったか。
そうかぁ、『サマーウォーズ』の人かぁ。『サマーウォーズ』は良かったよなぁ。泣いたなぁ。今度はどんなのだ?
なになに?少年がバケモノ界でバケモノの弟子になる?バケモノの名前が「熊徹」。へー。熊徹。
私は思った。やはりヒット作を連発する人はセンスが違う。「くまとおる」って。絶妙なネーミングセンス。
いいなぁ「くまとおる」。何度かつぶやいてみた、「くまとおる、くまとおる」。いいよ、いい。

後日、『バケモノの子』を紹介しているテレビを見ていて愕然とした。
「くまてつ」だった。
目の前に座っていた妻にこの驚きを伝えると、
「あったりまえじゃん!くまとーるって。あり得ない。くまとーるっ!猫ひろしかよ」

ネーミングセンスが絶妙だったんじゃなくて私の読みセンスに問題があったようだ。
でもいいと思うけどなぁ、くまとおる。バケモノの名前にくまとおる。
「熊徹」は「くまとおる」のほうが絶対いい!と断言しておこう。
まぁ、芸名だけで猫ひろしのことが好きでその動向が気になってしょうがない私の言うことなんかあてにはなりませんが。
ちなみに猫ひろしの本名は「瀧崎 邦明」だって。なんかカッコいいぞ。どうでもいいけどさ。

タイトルとURLをコピーしました