560「勝て」と言われればジャイアントロボは勝てるのか?

日々棒組み

TBSテレビ「あさチャン!」の「ぐでたまチャンス」で妻がみごとに30ポイント獲得した後、今話題の東芝利益水増し不正会計問題関連ニュースになった。
出勤前のあわただしい時間にちらちら見ていただけなので正確さに欠けるかもしれないが、東芝では社長が出す文書中に「チャレンジ」というキーワードがあると、下の者が、利益が出るような会計操作を開始する仕組みになっていたらしい(もうちょっとややこしい話だったが、なにしろあわただしくて)。

「具体的に(不正会計を)指示したことはない」と言っていた社長だか元社長だかがいたが、そりゃそうだろ。下の者が勝手に斟酌して不正でもなんでもやっちゃうんだから。チャレンジ!ラジャー!

しかし、このニュースに接するたびに私が思うのは、
「なんて仕事熱心な人たちなんだ」
ということである。
社長も、その下でせっせと(勝手に)不正を行う社員も。

私は小さな会社にしか勤めたことがないし、経営にも関わったことがないので想像するしかないが、みな、そこでの役割をまじめに果たそうとした結果なんだろうな、と思う。
まじめすぎると悪いこともしちゃう。悪いことしちゃうくらいまじめ。

「チャレンジ」と命令が出たら受けたほうは社長の真意を翻訳して熱心に実行していたわけだ。それこそ勤め人の義務だと信じて。そこは立派だと思うんだよね、会社勤めの人間としては。
いいもわるいもリモコンしだいの鉄人28号か、腕時計に向かって命令されたら素直に従うジャイアントロボか。
上司目線では、けっこうざっくりした命令でもそれなりにこなしちゃうジャイアントロボこそ理想の部下か。

「ロボ!利益を上げろ!」「ま”っ!」

でもジャイアントロボって最後は命令を無視して敵のボスと一緒に自爆しちゃうんだよね。大作少年が「行くな」っつってんのに行っちゃうんだよね。
悲しいね、サラリーマンって。

タイトルとURLをコピーしました