仮面ライダーに関する三つの(個人的)疑問

映画・ドラマ

なんかもうamazonの宣伝ばっかしてるような気がしますが、amazonプライム会員になるとこんなのも無料で観られます。
こんなの。


仮面ライダー全98話。
子どものころ夢中で観てました。おかげでこんな大人になってしまいました。
ショッカーがゲルショッカーになっていくあたりは、ショッカーの戦闘員が殺されたりする(まぁ毎週仮面ライダーに殺されてるんだけど)ハードな展開で何話かひっぱって、子ども心にハラハラドキドキしたもんです。
今回ちょろちょろ観ていて、いくつか疑問が浮かんできました。
詳しい人には自明のことかもしれませんが、「なつかしい」くらいで観てる私はちょっと気になっちゃったのね。

疑問その1


「仮面ライダー」と名づけたのは誰なのか?
劇中でって話ね。ショッカーの怪人は蜘蛛男とか蝙蝠男とか改造の元になった生物の名前が付けられるのが通例。これに従えば本郷猛は飛蝗男(ばったおとこ)。ショッカー以外の誰か(猛本人を含む)が、「仮面ライダー」と名づけたはず。それは誰か?
漫画版では自ら(突然)名乗ってたように記憶しているが、テレビ版ではどうなのか?

疑問その2


仮面ライダー2号一文字隼人はどういういきさつで飛蝗男2号に改造されたのか?
本郷猛はショッカーに誘拐されて体だけ改造されて脳改造前に脱出、って話が第1話になっててはっきりしてるんだけど、一文字隼人はどうなんだっけ?
漫画版では、本郷猛の大活躍に「飛蝗男最強じゃん」と気づいたショッカーがなんと12人も作った飛蝗男のうちのひとりということになってるけど、テレビ版では突然現れた印象しかない。いったいなぜ(テレビ版)一文字隼人は仮面ライダー2号になったのか?

疑問その3


エンディングのあの高いところはどこなのか?
昔のヒーロー番組にツッコミ入れ始めたらきりがないが、すごいところもある。エンディングで、橋の上みたいなところで仮面ライダーとショッカーが闘っている映像が流れるけどこれがすごい。次々とショッカーを下へ投げ落とし、最後は仮面ライダーもショッカーと一緒に飛び降りちゃうんだけど、これが7メートルくらいあるんだよね(指で測った)。子どものころは「あいつら人間じゃないし」と普通の出来事として見てたけど、今見ると「これけっこうすごいよなー」という高さ。
でもよく見ると欄干もなくて橋じゃないみたい。そんじゃどこ?

解決その1


第1話からせっせと観たけど、私の調査では、ナレーション以外で最初に「仮面ライダー」という名前が出てくるのは、第3話「怪人さそり男」で、追ってきた仮面ライダーを見たショッカー戦闘員が「仮面ライダーだ」という場面。私の見落としでなければ、その前に本郷猛が「俺は仮面ライダーとなるのだ」とか、立花藤兵衛が「きょうから仮面ライダーと名乗るがいい」とか言う場面はない。
ここは劇中では描かれなかったながらも、漫画版と同じように本郷が自ら名乗ったと思うことにしよう。飛蝗男じゃ世界の平和のために闘うモチベーションも上がらないもんね。後に組織される「少年仮面ライダー隊」も「少年バッタ男隊」じゃ入隊希望者も集まらないってもんだ。

解決その2


これははっきりしました。一文字隼人を改造したのはショッカー。第15話「逆襲サボテグロン」で、ショッカーに改造された時の悪夢で目覚めた一文字がはっきり言ってます。本郷猛に助けられたとも。
ショッカーはバッタ男が最強だと気づき、もう一体作ったけどまた逃げられちゃいました。同じあやまちを繰り返す愚かな組織だとも言えますが、ここはむしろ本郷猛の、バッタ男だけは救出するという差別的な行動が私は気になりました。

解決その3


これはネットで調べました。
最初、「仮面ライダー エンディング 高いとこ」で検索したけどなんか関係ない情報ばかり。「仮面ライダー」シリーズいっぱいあるからね。
次に「仮面ライダー エンディング ロケ地」で検索したら色々情報が。ロケ地は新木場の堤防(パイル堤防っていうらしいです)ですが今はもう無いらしいです。現在はお台場海浜公園になってるあたりという話もありましたが、その件でマニアであろう人の間でひと悶着あったような形跡もあって、興味深く読ませてもらいました。
それだけあのシーンが印象的で凄かったということでしょう。
今回見直したら、堤防から落とされたショッカー戦闘員が岸に向かって泳いでる姿に気づきました。必死に逃げてるみたいで愛おしく思えちゃいました。

しかしお得だ、プライムビデオ。

ちなみに「仮面ライダー」シリーズの品揃えが良くて、「仮面ライダーV3」も、私がシリーズで一番好きな「仮面ライダークウガ」も全話観られます。ああ幸せ。

 

 

linelink01
タイトルとURLをコピーしました