こんなこと前にもあったような記憶がうっすらとありますが。うっすらのままにしとくと解決しないので覚え書き。

具体的に言うと、iOS9.3.3から9.3.4にアップデートしたらBluetooth接続スピーカー(Anker Soundcore)に接続できなくなっちゃって難儀した、って話です。
いつもならスピーカー側を接続体勢にして、iPhoneのBluetooth設定で“Anker Soundcore”をタップすればすぐつながったのに、「接続できませんでした。Bluetooth機器の電源が入っているか接続可能範囲か確認してください」みたいな表示がされる。
「悪いのはそっちでしょ」みたいな。
Apple製品が「悪いのはそっちでしょ」と言ってくる時はたいていApple製品側に原因があることを経験的に知っているので、iPhone側(ちなみにiPhone6S)をいろいろいじってみる。
そもそもスピーカー側でやれることってほとんどないし、Amazonのfireタブレットは普通につながるので悪いのはそっち(Apple)でしょ。

Bluetoothやwifiをオンオフしたり、iPhoneを再起動したり、ネットで見かけた「ネットワーク設定をリセット」などもやってみたがつながらない(「ネットワーク設定をリセット」するとwifiの設定もやり直しになったりしてめんどくさい。と、自分のためにメモっとく)。
いつもBluetooth接続しているわけじゃないので、そもそも9.3.3の時には正常だったかも判然としない。
ちょっと条件は違うが、iOS9.3.3のままのiPadminiで試してみたら同じ表示が出てつながらない。
う〜む。いつも接続してるわけじゃないが、少し前に使ってはいるので、あれはさらに前のバージョンのOSの時か?
歳をとると時間が経つのが早いわい。
ひょっとしたらOSのアップデートとは関係ないのかな?
でも原因はそっち(Apple製品)だぞ、きっと。

やんなっちゃったのでお散歩に行って、暑いのでもっとやんなっちゃって帰ってきて思いついてやってみたのが、


Bluetooth設定から“Anker Soundcore”の設定を削除して、もう一度ペアリングし直す。


という、方法です。

はい。

つながりました。
解決してみれば簡単で、初めっから試せよ、みたいな方法ですが、歳をとるとどこか抜けてくるんですね。だからこうしてメモ的投稿をしているのです。
今回いろいろ調べてみたら、iOSのアップデートでBluetooth接続に不具合が生じるというのは過去もあったようで、私のように困っている(中高年の)方もいるかもしれないので、少しでもお役に立てればうれしいな。
もう一回書いとくね。


iOSをアップデートしてBluetoothがつながらなくなったら再ペアリングすればつながる(場合もある)。


ま、あらためて書くほどのことじゃなかったね、えへへ。

amalink01