メリークリスマス!
まだかよチキショー。
遠いなクリスマス。今年は来るのかクリスマス。
今年はクリスマスは来ませんでした、はいお正月。ってことになるのか。
なんないよ。

というわけで。
会社は営業しているけれどスターウォーズの新作でもいっちょ観にいくかと休暇をとったこの土曜日。
ゆっくり寝ていてもいい時間割にしたのに飼いならされた会社の犬(私)は、いつもと同じ時間に目が覚めてひとりさみしく早朝のテレビを見ていたのでした。
そんな、特に語ることもない朝のひととき。見ていたニュース番組で突然プロレスの話題が。
アメリカに “プログレッシブ・リベラル” というリングネームのプロレスラーがいる、と。
「特に語ることもない朝のひととき」に投げ込まれたおごちそう。
あ、時間だ。続きはスターウォーズ観てきてからね。

はい。帰ってきました。面白かったー、スターウォーズ。ブレードなんとかの2049倍面白かった(感想こちら→それはポケモンですか?映画『スターウォーズ 最後のジェダイ』“STAR WARS THE LAST JEDI”を観たら。いやー、まさか500年前にカーボンフリージングされたヨーダの双子の妹があのちっこいダースベーダーの正体だったなんて。
さて。

で、なんだっけ?
あ、プロレスラーの話ね。
プログレッシブ・リベラルは、民主党、そしてヒラリー・クリントン支持を掲げて、反トランプを訴えるプロレスラー。「トランプは我々の大統領ではない」みたいなスローガンで闘ってるんだって。
まぁ、キャラ設定なんだけど、面白いのは、共和党支持者が多い地域ではヒールで、リベラルで民主党支持が多い地域ではベビーフェイスなんだってとこ。トランプ支持地域の観客も生き生きと汚い罵声を浴びせて楽しそう。日本のプロレスの観客と比べると自分の都合や事情で楽しんでる人が多い感じ。
プログレッシブ・リベラルの必殺技は “リベラル・アジェンダ” (リベラルな政策)だそうで、これ、プロレス技史上最インテリジェントなネーミングではないでしょうか。
向き合った相手の両手首をクロスさせて、それを相手の首にかけながら両者反転、背中合わせになったところで体ごと下に落とす(自分も)、みたいな技。

こちらでニュース映像見られます(たどたどしい “リベラル・アジェンダ” も見られます)。→NHK NEWS WEB 分断深まるアメリカ リベラル掲げるプロレスラー
アメリカでは保守的で有名なFOXニュースにまで出演して人気上昇中らしいプログレッシブ・リベラルだけど、日本のリングに上がることはないだろうなー。どう扱っていいかわかんないもんなぁ。

blinkpanda