医者から「年は越せるでしょう」と言われていた義母がクリスマスの翌日静かに息を引き取り、昨年の父に続いて喪中となりましたことをご報告申し上げます。

というわけで、お正月的な行事みたいのはやらないわけです。
喪中なので大掃除もなしか。しょうがない。なにしろ喪中だから。
と思ったらそれはダメだと。喪中でも大掃除はダメじゃないから大掃除しなきゃダメだと。母を亡くしたばかりの妻がそういうので大掃除開始。
妻がガス台まわりに着手。私は外周り。
網戸やら窓の格子やらを拭きながら思った。
「なんかついこないだこんなことしてた気がするなぁ」
窓の格子なんか大掃除でしか拭かないから「ついこないだ」は1年前だったんだけど、歳をとると時間が経つのが早いっていうか記憶と時間の関係が乱れるっていうか間がすっ飛ぶことがよくあります。よくありますよね。ね。

外周りをざっくり終えて(どうせすぐ汚れるしね。外だしね)家に入ると、なかなか落ちないガスレンジのしつこい汚れに疲れ果てた妻が息も絶え絶えに言った。

「だいたいでいいよね、喪中だしね」

政治信条、子供の教育、好きなアニメ、意見が合わないことも多い私たち夫婦であるが。
いつも、どこでなにをやっていても、どんなジャンルでも、がっちり合意する魔法の言葉。

「だいたいでいいよ」

はい。
お言葉に甘えて、各部屋のホコリがたまってるあたりを手がとどく限り拭いて、そののち洗面所、トイレをざっくりやって大掃除おしまい。今年の汚れ(だいたい)今年のうちに。


blinktasu