ギレルモ・デル・トロの怪物の館 映画・創作ノート・コレクションの内なる世界

映画監督のギレルモ・デル・トロはホラーやらファンタジーやらSFやら、そのスジ関係のコレクションが膨大にあって、それを「荒涼館」と名づけた施設の博物館に収蔵していることは前にやりました。(→こりゃすごい!『ギレルモ・デル・トロ創作ノート驚異の部屋』を読んだよ
その収蔵品の展覧会が他の美術館で開かれて、この本はその公式ガイドブックの日本語翻訳版。
荒涼館の収蔵品の写真と解説の他に、ギレルモ・デル・トロが影響を受けた絵画や、本の挿絵、その解説も載っています。
ギレルモ・デル・トロ作品以外の映画関連品も多数あります。『エクソシスト』のリーガン・マクニールの実物大彫像とか。なんだこれホントに悪魔に憑依されてるぞってくらいリアル。
普通は気味が悪いと嫌がられるような写真・図版が満載で、そのスジの人はニヤニヤして、自分が不気味存在になっちゃいます。
でもそれでいいんです。ギレルモ・デル・トロもまえがきで言ってます。

“さぁ、今度は君が仲間入りする番だ。僕らの世界へようこそ。”

遠慮なく仲間入りしましょう。

限定版ですが、まだ買えます。今のうちに。

できればこちらとセットで。


『ギレルモ・デル・トロ創作ノート驚異の部屋』

3月にはこれも発売。楽しみは終わりませんな。


ギレルモ・デル・トロのパンズ・ラビリンス クリーチャー制作の裏側に迫る(仮)

 

linelink01