娘に命じられて録画しているアニメ『Caligula』。今週の観はじめたらオープニングのところで娘が言った。
「この歌好きなんだよねぇ」
ああ。かっこいいよね。

それにしても最近のアニメの歌はいちいちあきれるくらいカッコイイ。もうなんか私が知ってるカッコよさからポンと飛び抜けてる感じ。
最初に思ったのは『刻刻』のオープニング。
プロモーションビデオにアニメを使ってるのかと思った。映像もカッコイイ。
伊藤潤二コレクションの歌もカッコよかった。
今放送してる『ゴールデンカムイ』もいいよなぁ。内容もいいけどオープニングエンディングともカッコいい。
『メガロボクス』はオープニングもいいけどエンディングはホントいい。陳腐な言葉であまり使いたくないんだけど、最初に聴いた時は鳥肌たった。

でもね。

でもおじさんにはおじさんの思い出の「カッコイイアニソン」ていうのがあってさ。
あってさ。

海のトリトン
超電磁マシーン ボルテスⅤ
新造人間キャシャーン(エンディング)

あたり。

でも、個人的に一番カッコイイアニソンは、

哀 戦士

ですね。映画だけど。
カラオケ行くと全力で歌っちゃう。それこそ血へど吐くくらい。
昔だってカッコよかったんだぞ〜!って誰かに向かって叫びたい。

今も昔もアニメにはカッコイイ歌がよく似合うね!


blinktasu