評判がいいっていう評判しか知らずに鑑賞しました。

陸上部って設定で実写版を思い出してしまいましたが、最後まで観ると陸上部設定が大事だったということがわかります(原作に陸上部設定ってあったっけ?)。


トリッキーというのかスタイリッシュというのか、独特の演出で、最初は、「これでデビルマンになるの?」と思いながら観ていました。
こういう演出って批判しにくい(わかってる風にしていた方がかっこいい)から、それゆえの評判の良さかなと軽い不安がありましたが、アニメ独自の展開から、第9話「地獄へ堕ちろ、人間ども」では見事に原作漫画を読んだ時と同じ感覚になりました。

地獄へ堕ちろ人間ども


アニメでも実写でも過去に好きだった作品のリメイク的なものは、当時と同じ感動や興奮、衝撃を期待して観ています。
昔と同じように描いたものでは同じ感動を得るのは難しい(だったら昔のを観た方がいい)のですが、ちょっとフェイントで気をそらされて、見えない角度からのハイキックみたいなのがストレートに飛んで来るとバキっとやられちゃいます。『DEVILMAN crybaby』はそんな感じでした。
原作ファンも、原作を全く知らない人も、観て感動や衝撃を得られるアニメだと思います。
あと、サイコジェニーを擬人化すると鈴木その子先生になるということもわかります。いやホント。

DEVILMAN crybaby公式サイト


blinkani