特に期待するでもなく、かといって期待ゼロでもなく、どんな風になるんだろうという興味を持って第一話「醍醐の巻」を観ましたら、これはかなり良かったですねぇ。

 

醍醐景光の狂った感じとか地獄堂の住職が斬られる場面の痛そうな感じとか赤ちゃん百鬼丸の不気味な面相とか少年百鬼丸のルックスとかどろろの可愛い、でも芯の通ったわんぱくっぷりとかを始め、全体の雰囲気が原作のイメージを損なうことなくうまく現代的になっていて(時代劇だけど)最近のアニメはすごいなぁと思いました。
琵琶丸と百鬼丸の妖怪退治のアクションもかっこよかったです。
両腕に仕込まれた刀で魔物を倒して自分の体の部品をひとつずつ取り戻すってかっこよすぎる設定をさらにかっこ良く見せてもらえそうで、続きが楽しみです。

百鬼丸


原作では48匹だった魔物を12匹に減らしているそうなので、百鬼丸が本来の体を取り戻すまでが描かれるのでしょう。か、もしくは何らかの理由で最後のひとつをあきらめる、なんて展開もあるかもしれませんね。
どちらにしろ期待を裏切ることはないだろうと思える第一話でした。

公式サイトこちら→TVアニメ『どろろ』公式サイト

amazonプライムビデオで配信中→アニメ『どろろ』

 

 


blinknbpb