©oto-ra 2000-2017

キシワタリ天涯地 17

 


 あ。

ほら、見て見てこの石、

kisiwata17011
ほら、穴があいてるよ。ふしぎー。



kisiwata17012

知ってた?
石の穴からのぞくとね、
妖精が見えるんだって。

kisiwata17021
見えるかなぁ、
妖精、見えるかなぁ。

あ!

kisiwata17023
渉が見えた。
渉くん、おでこどうしたのー?いたいいたいなのー?
きみはわんぱくですねぇ。でも、
お母さん、げんきなわんぱくだいすきよー。

kisidaiji

17

kisiwata17titl

 


ブン、
ウンウン
…ブンウン

ウン
kisiwata1700b1
ブゥゥンウンウンウン
kisiwata17031
ヴウンヴンウンウン

kisiwata17041b
kisiwata17032
ガッ!!

kisiwata17041c
ザザザッ!

kisiwata17001
ザッザザ…

kisiwata17052

ボゴボゴボゴッ!
kisiwata17053
ボゴボゴッ!!

kisiwata17061
kisiwata17072


「がぁっ!」
kisiwata17071 
 kisiwata17081



ゾゾゾゾゾゾゾ
kisiwata17041b1
kisiwata17082
kisiwata17091
kisiwata17111

ゾゾゾゾゾゾゾ

kisiwata17112
kisiwata17121
「ああ…」



kisiwata17131

「もう降ってきたんだね」

kisiwata17132




「芙多葉さん、…」

kisiwata17151
「見てたでしょ?あれ」

「……」

「あなたには見えていた。
…あれはなに?」

kisiwata17161e

「あれ?…… 」

「見てたでしょ?マサマルの上の、あの、
大きな顔みたいなもの」

「大きな顔…」

kisiwata17161d

そう。なんだかゆがんだ、
しわだらけの年寄りの顔みたいなもの」

「そんなふうに見えるんだ」

「え?」

kisiwata17161c
kisiwata17masamaru

「三珠さん、はじめて?」

「え?何が?」

kisiwata17161b

「そういうものが見えたの」





kisiwata17151


「あんなに…

…大きなものは…」

 

kisiwata17171
kisiwata17181
「うちの人には連絡しておいたから、迎えが来たらきょうはそのまま帰りなさい」

「はい」

「それまでそこで待ってて、気持ち悪かったりしたらすぐ言うんだぞ」


kisiwata17251b
「あ、はい…」



kisiwata17301
kisiwata17211
kisiwata17222
kisiwata1723b1a






「…ありがとう」

kisiwata1723b1b

「え?」

kisiwata17225

「顔、ふまれるとこだった…
怖かった。 助かった。ありがとう…」

 

kisiwata17241

「ああ。うん。よかったよね…」

kisiwata17223



「ふたり…」

「え?」


「だいじょうぶかな、小さい子、ふたり、救急車に乗せられる時、ぐったりしてたけど」

 

kisiwata17141b

「…だいじょうぶかな、あの子たち…」

「あ、ああ。そうだな。ぐったりしてたな」

kisiwata17224






「俺、二月に…」

kisiwata17252

 「二月にお母さんがし…」

「俊充!」

 kisiwata17261

「お母さん…」

「あんたなんだい大丈夫かい?
痛くないのかい?」

「痛くねぇよこんなの痛ってえよ!」

「痛いんじゃない!」

「さわるからだよ!」

kisiwata17271c



「さ、帰ろ。早く。タクシー待たせてるから、
はーやーくっ!なにやってんの?」
kisiwata17272
「あ、先生、お世話になりました。この子あしたは休ませますから」

「休まねぇし」

 

kisiwata17273

kisiwata17281b
kisiwata17291
 「あ!先生!渉は!うちの渉はどこですか?」




kisiwata17302 
「あ!渉くん!」

kisiwata17303
kisiwata17311

「ああ渉くん、大丈夫?なに腫れてるじゃない!痛いでしょ?」

「痛く、痛った!さわらなきゃ痛くないです」

kisiwata17321

「眼は?眼は大丈夫なの?見える?」

「まぶたが腫れてるだけですから。眼は大丈夫です」

「ほんと?ああ、ごめんね、かわいそうにごめんね、
もう、もうしわけない。倫子さんにもうしわけない」

「おばさん…」

「倫子さんにあわせる顔がない。ごめんね、ああ、ああ」

「おばさん。
お母さんはこのくらいじゃ驚かないですよ」

kisiwata17322

「え?そうなの?」

「はい」



  kisiwata17331


kisiwata17332


kisiwata17333

 つづく
 キシワタリ天涯地 17 2016.02.14

18.すべてのむねんのために

Horizon zone KISHIWATARI 17 2016.02.14 
©Masakagemaru Terada/oto-ra.com

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © オトーラの書 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.