漫画

コンテンツ紹介

オリジナル怪奇漫画『キシワタリ天涯地』第23話「ししのち」アップしました。

はい。みなさん、大変ご無沙汰でございました。当サイトのメインコンテンツ『キシワタリ天涯地』第23話、忘れた頃にアップいたしました。前回がいつだったかもう記憶にありません。「今年ではあったよな」くらいしか私からは申し上げられません。こんなに間...
活字の子

「信じてないのかね?」松本大洋『GOGOモンスター』“GoGo Monster”を読んだら

小学校が舞台だということと、子供にだけ感じられるものを扱っているからでしょうか、いとうせいこうの『ノーライフキング』を思い出しました。こういう話だよ、って説明するのが難しい漫画ですが、がんばって言葉にしてみます。  『GOGOモンスター』 ...
オトーは月刊スターログと

我が家の家宝も大公開!オトーは月刊スターログと #35:1983年11月号

昔を懐かしむのもいいけれど。昔にはそのまた昔があったんだ。上には上がある。昔にはもっと昔がある。懐かしいにもほどがある。みたいな。なんだそりゃ。はい。というわけで。懐かしみすぎるのもいい加減にしろよと言われながらの「オトーは月刊スターログと...
コンテンツ紹介

更新報告!『キシワタリ天涯地 22.まりん』アップしました

青春ファンタジーホラー怪奇漫画『キシワタリ天涯地』第22話 まりん アップしました。21話をアップしたのが昨年の9月でしたから、8ヶ月かかりました。なんでしょうこれ。こんなことでいいんでしょうか?いいんです。今回はタイトル通りまりんちゃんの...
活字の子

これはなつかしい!特殊な青春時代を送ったみんなにはうれしい漫画!板橋しゅうほう作『ペイルココーン “Pale Cocoon”』を読んだら #ペイルココーン #板橋しゅうほう

その昔、月刊OUTに連載され、掲載誌を変えながら(同じ出版社だったけど)続いていた板橋しゅうほうの『ペイルココーン』。「蒼ざめた繭」という意味ですが、映画『コクーン』が公開されるまで、「繭」は「ココーン」だったんです。という話はいつだったか...
活字の子

オトーくん(55にして)『ゴルゴ13』にハマる(ような気がしてる)

「ぶとい眉のしかめっ面の男が遠くから誰かを撃ち殺す劇画」という程度にしか知らなかった『ゴルゴ13』でありましたが、このたび、縁あってこの名作劇画を手に取ることとなりました。理由は明快。ぶ厚い本で出てたから。これまでも何度か言及しておりますが...