フォースは無限の可能性(悪い意味で)。映画『スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け』“Star Wars: The Rise Of Skywalker”を観たら

フォースがあれば何でもできる。いやホント。
あれ?フォースって、そんな何でもかんでもできるんだっけ?と、そんな気持ちになりました
あと、何箇所かコントの一場面みたいなシーンがありました。そう思ったの俺だけかなぁ。あそことかモンティパイソンみたいだったぞ。
エピソード7、8で旧シリーズから新シリーズへ橋渡ししたと思ってたけど、なんか結局旧シリーズの同窓会みたいな感じになってましたよ。

と、否定的なこと書いてますが、なぜかほろっとした場面もいくつかあったことを書き添えておきます(なぜか?)。
「a long time ago」で始まってバァーンってメインタイトルが流れる中「STAR WARS」って文字があっちの方に飛んでくのを見るだけで感動しちゃうんだけどさ。

でもまぁこういう映画はもうIMAXとかそういう体験型鑑賞するべきなんだろうなぁ。
私は普通ので観たいけど、演出やシーンの組み立てとかも体験型寄りなんだろうなぁ、と思いました。整合性よりもテンポ重視、みたいな。
最近の3作通して「お前なんでもうそこにいるんだよ、なんか遠くに行ってたんじゃないのかよ」と思ったことが何度かありました。

と、否定的なこと書いてますが、なぜかほろっと、、、あ、これもう言ったね。

というわけでシリーズをずっと観てきた人には懐かしさで届くものがあると思います。
でもストーリーの流れとかガタガタのバラバラに感じてしまった私は単に年老いて感受性が摩滅しているのでしょう。

blinkjitu
タイトルとURLをコピーしました