日々棒組み678 まさかのカネ余り現象

日々棒組み

そんなこんなで現金レス人生の第一歩を踏み出した私こと私(参照→日々棒組み676 お金なんかいらない。邪魔なだけ。)。
ああこれでおじいさんやおばあさんの顔が印刷してある細長い紙とか、丸くて重くてじゃらジャラジャラうっとしい割に本当に困った時にはあんまり役に立たないやつらとおさらばだ、と思ったのもつかの間。私の財布にはお金がペラペラジャラジャラしているのであった(財布持ってる時点で現金レスに踏み切れてないわけではあるが)。

なんかほら、会社の仕事で使った交通費とかなんか買った時とか紙に書いて出すとなんか現金で戻ってくるじゃんなんか。
使うときはSuicaとかクレジットカードとかで買うんだけど現金で戻ってくるじゃん。
現金が出てかないけど戻ってはくるじゃん。
出てかないけど入ってくる。どうなる?するとどうなる?
お金があふれる。
そう。
今私の財布にはお金があふれてます。
いっぱいあります。千円札。あとジャリ銭。
もういいよ。お金いらないよ。重いよ。ジャラジャラうるさいよ。
こんな日が来るとは。
こんな日。
お金が邪魔になる日。
でも口座からはどんどん引き落とされていくそんな日。
このあふれた現金を口座に振り込まないと遠からず俺の現金レス人生は崩壊してしまうのだ。
早く振り込まねば。
ああ。
めんどくせ。
現金レス人生めんどくせ。
店で現金をジャラジャラペラペラするのもめんどくせ。口座に金を振り込むのもめんどくせ。
資本主義に生きる資格なし!

タイトルとURLをコピーしました