日々棒組み766 amazonで買い物したら誤配で商品が届かず返金処理になって残念だった件

日々棒組み

iPadが届いてから毎日楽しく暮らしていた私だが、ただひとつ、液晶画面に貼った保護フィルムが低反射のものではなかったのがダメで、amazonで低反射のフィルムを選んで注文した。

今のが無駄になっちゃうけど低反射じゃないとふとした加減で自分の顔がはっきり画面に映っちゃってやなんだよね。
映画とか観てて緊迫した場面で自分が見つめ返していたらいやでしょ?『羊たちの沈黙』のクライマックスでずっと自分の顔見てるのやでしょ?

今貼っているのも、私としてはほぼ完璧に貼れたのではがしたくはないんだけど、まぁ、しょうがない。
レビューやら商品説明を熟読して、Apple Pencilの描き心地も考慮して、選びに選んでこれを注文しました。
MS factory iPad Pro 11 2018 フィルム ペーパーライク 保護フィルム 紙のような描き心地 新iPad Pro11 アンチグレア 反射低減 非光沢 アイパッド プロ 日本製 fiel.D MXPF-ipp11-2018-PL

金曜日の夜に頼んで土曜日中に到着予定。申し訳ないほど早いが、結構神経を使うフィルム貼りは休日に済ませたいので土曜日に着いてくれるととても助かる。なんなら日曜日の午前中くらいでもいいんだよ、と心の中でつぶやいたり。

この件とは関係なく眠れない夜を過ごして朝になり、amazonで配送状況をチェックすると「発送しました」表示。
配送業者は「デリバリープロバイダ」。

「amazonデリバリープロバイダ」もしくは「デリバリープロバイダクソ」でググるとわかるが、まぁ、デリプロクソ武勇伝の多い事。全国でいろいろやらかしてる。
デリバリープロバイダというのがそもそもひとつの運送会社の名前じゃなく、末端の小さな運送会社をまとめて呼称しているだけで、「そういうとこに頼んだよ」という事で、言外に「だからまぁ対応もそれなりだからね。なにしろ末端だから。ね。わかってね、ね!」というジェフ・ベゾスの声が私には聞こえてくる。日本語で。
私も会社で発送まで請け負っている仕事があるが、ここ数年トラブルの数が右肩上がりで、運送業界の疲弊っぷりは身にしみて感じているので多少の事はしょうがないかな、と思ってはいる(それ以上のこともやらかしてるみたいだけど)。
ただ私はamazonのデリバリープロバイダで嫌な思いをした事はこれまで一度もなく、そんなに心配はしていなかった。
油断してた。平和ボケしてた。

amazonからの配送状況はスマホのアプリで逐一確認できて、「発送しました」「配送業者に輸送中」「配達中」とステータスが変わってゆく。
不在で再配達させるのは気の毒なので、いつも「配達中」になるまでに家にいられるように行動を調整するようにしている。
昼間は出かけていたがずっと「配送業者に輸送中」だった。
帰宅し、日が落ちて暗くなってから「配達中」になったので、再配達させてしまう心配もなくなった。
しかし。
その時の私は知る由もなかったが。再配達させてしまう心配など全く無用だったのだ。
だって配達されなかったんだもん。配達されなきゃ再配達なんかできっこないじゃん。結婚しないで離婚はできないじゃん。

「配達中」ステータスのまま風呂に入り、出てきたら「配達完了」に変わっていた。家族も在宅していたが、荷物が届いた様子は無い。こりゃあれだ。郵便受けに入ってるパターンだ。アプリの配送状況を見直すと「郵便受けに入れました」とちゃんと表示されていた。そうかそうかと外の郵便受けに。
しかし郵便受けは空っぽ。
夕方、さがみ典礼のカレンダーが入っていたのを取り出したままの空っぽだった。
ああそうかそうか。こりゃあれだ。こっちに入れちゃったパターンだ。
私は、我が家の郵便受けの上に設置されている義弟の郵便受けを開けた。
さがみ典礼のカレンダーだけがばさりと出てきた。
北風がぴゅうと吹いて私を震えさせた。

無いじゃん。俺の、俺のあれ。
私は頭を抱えた。
こんなの初めてだ。
年寄りは初めての出来事に弱い。対応を思いつかないのだ。
世間ではクソクソクソクソ言われているデリバリープロバイダだが、私にはちゃんと届けてくれていたじゃないか。なぜ今だ。なぜこの年の瀬なんだ。
会社の仕事の運送トラブルで振り回されていた悪夢の2週間が走馬灯のように脳裏をグルグル駆け回る。
グルグルグルグル
グルグルグルグルグルグル
あ、いや。
今はそんなもんグルグルしてる場合じゃない。俺のあれはどうなったか、だ。

私はamazonのサイトでこういう時の連絡方法を探した。
やっと見つけたカスタマーサポートは電話も受け付けているが、事前に選ぶ問い合わせカテゴリの中に「商品が届かない」に類するものが無い。
どれだ。
届かないどれだ。
届かない、届かない、届かないー届かないーペンギンさんのせん◯゛りは、とどか、ってそういうことじゃなく。
どれでもいいや、とにかく電話しちゃえ。
サポートのなんとかさんが出て名を名乗れと言われる。
名を名乗り、配達完了になっているのに荷物が届いてないと言うとすぐに商品名までスラスラ出てきた。さすがamazon。
しかし。
「誤配だろうから回収はまず不可能と思え。しかも販売はamazonじゃないから代替品を用意することはできない。返金処理しかやることなし。すぐに使いたいなら他のサイトかそこらのお店で買ってこい。以上」
という意味のことをバカ丁寧な言葉づかいで説明された。
ああ。
そうですか。
さすがamazonなんともないぜ。

新しい保護フィルムを貼って動画視聴環境やApple Pencilの描画環境が快適になるとワクワクしていた私はなんだかシオシオのパーになってしまった。

が、夕食を食べ、ちょっぴりお酒も飲んだところで考えてみたら、「商品には全く罪はない。そして私にはやっぱり必要と思われる」ということに気づいた。
ということでもう一度同じ商品を発注。
今日、土曜日に発注して明日の日曜日中に到着。申し訳ないほど早いが、結構神経を使うフィルム貼りは休日に済ませたいので日曜日に着いてくれるととても助かる。

あれ?

これ。
また同じどこかの家に誤配されちゃうかも?
で、その家では二日続けて同じものが届いて不思議に思うわけですよ。

「父ちゃん、これなぁに?」
「ううむ。これはどうやらiPad pro 11インチの液晶保護ガラスフィルムというものらしい。しかも全く同じものがふたつ。ううむ」
「父ちゃん、どういうこと?」
「うーむ…、あ!そうか!わかった!」(右拳の側面で左手の平を打ちながら)
「これは、iPad pro 11インチをふたつ買ってこれを貼れ、という神のお告げだ!なんならサンタクロースのはからいだ!季節がらそっちだ!」
「やったね父ちゃん!」

てなことになるのか?
で、俺は『羊たちの沈黙』のクライマックスで自分の顔を見つめ続ける、と。そんな正月を過ごすことになるわけです。

そんなわけで、皆さん良いお年をお迎えください。

追記:あっという間の解決編、アップしました→日々棒組み767 不可解だけど結果オーライ!iPadライフが快適になったら

kiridasioto

コメント

  1. […] 昨日こんなことがありました→日々棒組み766 amazonで買い物したら誤配で商品が届かず返金処理になって残念だった件 […]

タイトルとURLをコピーしました