日々棒組み921 Amazonプライムデーでこれ買いました。そして「かなしい バレエまんが」

Amazonでなんか買うとお得なデー。
詐欺的な価格設定もあるそうですが、確かにお安くなるのはAmazonのデバイス類。
平常価格より4,000円オフだったので買ってみました。

【NEWモデル】Kindle Paperwhite (8GB) 6.8インチディスプレイ 色調調節ライト搭載 広告なし + Kindle Unlimited 

宣伝コピーのように「夢にまで見たあの商品」と言うほどではないのですが、「そこそこ購入を検討していたあの商品」ではあります。
こんな感じでした →「日々棒組み902 俺はお風呂で本を読むのか」

で、「お風呂で本を読むのか?」の結論ですが、「特に読む必要を感じない」そして「夏場は絶対読まない」ですね。
湯船にゆっくり浸かる季節なら「読んでもいいかな」とは思いますが、わざわざ風呂で読書しなくてもさっさと風呂出て部屋で読め、と思います。

まぁ防水機能は「あれば安心」ではありますね。なんかね、こぼしちゃったりとかね、年寄りには普通に起こるからね。
このモデルは「広告あり」「広告なし」、「3ヵ月分のKindle Unlimitedつき」「それなし」が選べるのですが、私は「広告なし」「3ヵ月分のKindle Unlimitedつき」を選びました。

「広告なし」は2,000円高くなります。「広告あり」を使ったことないのでどのくらいの差があるのかわかりませんが、「なし」の方がストレスなさそうなので。
「Kindle Unlimited」の有無は値段に変わりはありませんでした。

カバーを着けると重くなるのでKindleはカバンに直接入れて持ち歩きますが、画面は大事なので保護フィルムも買いました。

ミヤビックス Kindle Paperwhite (第11世代 / 2021年発売モデル) 用 反射防止 保護 フィルム

これもデーのおかげでちょっぴりお安くなっていました。

まだどちらも現物届いていません。
通常ブログで紹介するならプライムデー期間中に「これ買いました!届くのが楽しみ!あなたは何を買いますか?」か、現物が届いてから使用感とか書くのが普通だと思いますが、中途半端なこのタイミング。私という人間がよくわかります。

ただし。

Kindle Unlimitedはすぐに適用されました。

今までKindle Unlimitedは気になってはいたのですが、どうも品揃えが好みじゃないのと(読みたいものが時々ある程度)、これに登録するとKindle Unlimited対象の本を優先的に選ぶようになりそうで、そういうのちょっと違うよな、と思って登録していませんでした。

今回は「まぁせっかくだから。無料だし」と「あり」にしました。

で、品揃えが好みじゃないとか言っときながらアレですが、前から気になっていた漫画がありまして、対象なので早速ダウンロードしました。

これ↓

バレエ星 (立東舎) Kindle版

はい。
谷ゆき子先生の「かなしい バレエまんが」『バレエ星』です。
主人公はかすみちゃん。
元バレリーナで病気療養で入院しているママがいます。
幼い妹と施設で暮らしているかすみちゃんでしたが、第三話でママが危篤、そして死亡、さらに最終ページでママが生き返ります。
なんでしょうこの急展開、そして引きの強さ。最近のアメリカドラマにも負けてません。アニメ化してNetflixで配信すれば世界的大ヒット間違いなしです。

内容はツッコミどころ満載ですが、絵が抜群に上手いですね、谷ゆき子先生。女の子いちいち可愛い。
さぞ当時の小学生の女の子が憧れ、似顔絵にチャレンジし、自分の画力の無さに絶望したことでしょう。

雑誌『小学一年生』1969年1月号から連載が始まって、『小学四年生』1971年12月号が最終話だそうです。
『バレエ星』とともに小学生時代を過ごした女の子たちは幸せだったのではないでしょうか。かわい(くてかなし)いかすみちゃんにみんな夢中だったでしょう。
じっくり味わって読みたいと思います。もうすぐ60のおじいちゃんですが。

谷ゆき子先生の漫画、他にもKindle Unlimited対象になってました。

「星」シリーズでしょうか『まりも星』『さよなら星』。
Kindle Unlimited適用期間中にぜひ読み切りたいものです。

blinkpanda
blinknbpb
タイトルとURLをコピーしました