夏休みの課題図書を探しに行っておかしな本を見つけてしまった。どうしよう

中二の娘も間もなく夏休み。
夏休みといえば宿題。宿題といえば読書感想文。読書感想文といえば課題図書。光るはオヤジのハゲアタマ。
というわけで同居家族三人連れだって越谷レイクタウンの未来屋書店へ。
どこの書店でもよかったのだが、ここは隣がアニメイトで、そっちにも娘が寄るから一石二鳥なのだ。我が家は効率最優先なのだ。

書店に着くと、私はふたりとわかれて自分の都合で回遊していたが、やがて合流。

「ねぇ見て見て、変な本見つけたよ」

変な本に関しては時々妙な嗅覚を発揮する妻が一冊の本を手渡した。
『ざんねんないきもの事典』(今泉忠明/監修 高橋書店/刊)
なんだこりゃ?
もくじを見る。

「ダチョウは脳みそが目玉より小さい」
「ウォンバットのうんこは四角い」
「ムカシトカゲには第3の目があるがよく見えない」

あはは。こりゃ面白そうだ。見出しのつけ方が秀逸だ。
もう少し紹介するね。

「サイの角は、ただのいぼ」
「オオアタマガメは頭が大きすぎて、こうらに入らない」
他人とは思えないなオオアタマガメ。

「サソリは紫外線を当てると光るが意味はない」
ぶひゃひゃひゃ、意味ないか意味はないのか光るサソリ。ゴムのおもちゃかよ。


「ミジンコはピンチになると頭がとがる。しかし、ほとんど効果がない」
このミジンコの話、妻と娘が立ち読みして、ミジンコは本当にかわいそうだと同情していた。「ミジンコにだけはなりたくない」とも言っていた。私もなってほしくない。

というわけで購入。

  おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典
今泉 忠明

4471103644
高橋書店 2016-05-21
売り上げランキング : 2033

Amazonで詳しく見る by G-Tools


他にも面白い話がたくさん載ってて900円(税別)!こりゃお買い得だ。
見出しだけでも面白いが、文章もユーモアいっぱいで笑えます。野生のアライグマは食べ物を洗ったりしないけど動物園のアライグマはよく食べ物を洗います。その理由とは?
もう笑うしかないような理由です。

あーいい本みつけた。だから本屋さん大好き。

え?

なに?
課題図書?
ああ、買ったよ買った。
これ。

  白いイルカの浜辺 (児童図書館・文学の部屋)
ジル ルイス Gill Lewis

4566013944
評論社 2015-07-30
売り上げランキング : 369

Amazonで詳しく見る by G-Tools


『白いイルカの浜辺』(ジル・ルイス Gill Lewis/作 さくまゆみこ/訳 評論社/刊)

あれ?

さっきの『ざんねんないきもの事典』の帯って…

zannenobi


「イルカは眠るとおぼれる」…
もうぜったいこっちに引っ張られてるな。

 


blinknbpb

タイトルとURLをコピーしました