観終わって最初に思ったのが、「これはいつ頃なのかな?」でした。エピソードどこいら?
ハン・ソロの年齢を考えたらエピソード1より前ってことはないだろうから、そうすると最後に出てきたあれに見えるあいつはあれじゃなくてあれと同じ星人かなんかなのかな?だとしたら時間的にはエピソード3と4の中間くらいなのかな、なんてことを考えたのは全部観終わってからで、上映中は目まぐるしくてあまり物を考えずにただ観てました。
目まぐるしくてちょっとついていけないところもありましたが。
あとこちらの問題なんでしょうが、過去作品を思い出させるエピソードやセリフ、音楽がかかるところ以外はなんか他人ごとに感じてしまいました。変な話。
スターウォーズ・ストーリーの前作、『ローグ・ワン』のラスト15分みたいな強烈に過去作に連結させる要素もなくて、そのへんはあっさりしてるように感じました。でも怪獣が出てきたからいいや!

 


あと、これを起点にして、ハン・ソロとチューバッカコンビがわかりやすいミッションをこなしていくシリーズとかできたら面白いかもな、とも思いました。
そんなにスターウォーズばっかりはいらないけどさ。

ああ、でも。
『ローグ・ワン』、よかったんだなぁ。しみじみ。

公式サイト→ハン・ソロ/スター・ウォーズ公式サイト

 


blinkani