平日は毎朝駅に向かって歩くのです。やだけど会社に行くために。
会社行くのやだなー、暑くてやだなー、働くのやだなー、と歩いていると、7メートルくらい前方でタバコに火をつけたバカを発見。

やだなー、タバコの煙やだなー、くさいのやだなー、健康を害するのやだなー、なにより周りに人がいるのにタバコを吸う無神経な真性バカに近づくのやだなー、バカが吐き出す煙を吸い込むのホントやだなー、気持ちわりーなー、自分をコントロールできない喫煙者やだなー、家では立場が弱くて吸えなくてちょっとでも隙を見つけたら吸わずにいられない愚か者に近づくのやだなー、タバコ吸ってからじゃないと電車にも乗れない下等な人間に近づきたくないなー。こういうやつって会社の会議の前にもタバコ吸うんだろうなー、必死で2本続けて吸ったりするんだろうなー、あーバカくてきもちわり。

本当に嫌なので、自分の歩調を緩めてバカと距離を置く。12メートルくらいに。
歩行喫煙はテロだから、自分の身は自分で守らなければならないのだ。

曲がり角などでちらっと顔が見えたが、なんか原始人かってくらい低知能そうな人相。そういえば会社にいるヘビースモーカーも猿人みてぇなツラと体格だな。タバコには人類を退化させる作用でもあるのかな?

駅に近づくにつれ、人も増え、喫煙バカウォッチもやめたが、駅まであと100メートルを切った商店街の直線で、前を歩いていた男が立ち止まって振り向いたり自分の背中を見ようとしている。
見るとあの喫煙原始人。
見えるわけもない自分の背中を必死で見ようとくるくる回りそうになってる。バカだ。バカ丸出しだ。でもなんでそんなことしてんの?

追い越しざまに見ると、くるくるバカのワイシャツの背中、襟の下あたりを頂点に、高さ20センチくらいの黄色い三角形が。

ぷ。

これ、あれだ、あれ。
カラスの糞。

ぷぷぷぷっ。

あ、いや、笑っちゃいけない。人の不幸を笑っちゃいけないよ。
でも。
ぷぷぷ。

さっきまで周囲の人に悪臭と病気(肺がん・脳梗塞・心筋梗塞他)の元を振りまいてたやつだよこいつ。
ぷぷぷのぷ。

いや、関係ないんだよ。喫煙とカラスの糞を落とされるのに相関関係はないんだよ。
ないんだけどぷぷぷぷ。
でも私は思っちゃったんだよね。

ザマーミロ

って。
あ、見えないのか。背中だから。ざまー見えないのか。
そこで一生くるくる回ってろ。

あいつ、あの後どうしたんだろ?俺だったらくるくる回ってないで家に帰って着替えるけどね。あのまま電車に乗ったら喫煙者の悪臭とカラスの糞の悪臭でホントに通報されるぞ。
でも喫煙者はアホだからそのまま出勤しちゃったかもね。
で、会社行っても誰も糞がついてますよ、って教えてあげないのね。
タバコ吸うくらいだからカラスの糞も好きでつけてんだろ、ってそう思われちゃうのね。

カラスっていろいろいたずらで、私も帽子に糞を落とされたことあるけど、歩行喫煙者を狙って脱糞してくれるんならカラスの味方になっちゃうな、俺。