真夏の恐怖劇場『呪怨:呪いの家』『呪怨(劇場版)』を観たら

やってきました暑い夏。夏といえばやっぱり恐怖もの。
暑いのも怖いのも苦手な私ですが、マイナス×マイナス=プラスということで(だよね?)、なんか怖いもの観ようとNetflixで気になっていたこれ観ました。

『呪怨:呪いの家』

呪怨:呪いの家 | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト
因縁に導かれ、呪いの家を探し始めた心霊研究家。調査を進めるうち、そこに暮らした母子をめぐる忌まわしい過去が掘り起こされる。

どーです。タイトルに「呪」って字がにこも入ってます。これは怖そうだ。頭痛が痛いみたいだ。
しかも「呪怨」といえば日本のホラーの老舗シリーズ。私は劇場版の一作目をレンタルで観ただけですが、これなら大丈夫でしょう(大丈夫って?)。

約30分のドラマが全6話。全部見ても3時間弱。土曜の夜に一気見しました。
一話が短いのでサクサク観れます。

冒頭から「呪怨は実際に起きた出来事を基に作られた」とか言ってます。そうなの?
「だが、実際に起きた出来事は映画よりもはるかに恐ろしいものだったのだ」
とか言い出しました。
「実際に起きた出来事」って2回も言ってます。頭が頭痛だ。

心霊研究家の小田島(荒川良々)が心霊現象を追っていく形で話が進みます。小田島は本を出すつもりで活動していますが、実はそれだけではないことがやがてわかってきます。
小田島が知らないところで起きた心霊現象も含め、どうやらある一軒の家が全ての元凶らしいとわかってきます。

ってドラマなんですが。
ここの場面は怖かったりハラハラしたりするのですが、全体としてはちょっと薄味だったような気もします。
そんなに怖すぎなくて私にはちょうどいいかな、とも思いました。そうそう、エンディングの歌が独特でした。怖いというより不思議。

まぁそういうことならと、以前観た劇場版も観ることにしました。

Netflix →『呪怨(劇場版)』

Netflix

amazonプライムビデオ →『呪怨 劇場版』

呪怨 劇場版
ある日、介護ボランティアをする女子大生の仁科理佳は、寝たきりの老婆・徳永幸枝の様子を見るためその家を訪れた。理佳は何か不気味な雰囲気を感じつつも家の中へと入っていく。悪臭が漂い物が散乱する中を進み、一階の薄暗い部屋で幸枝を発見する理佳だったが…。数日前、幸枝の息子・勝也が帰宅すると妻が倒れていた。この家に引っ越して以来...

白いとしおくんとか奥菜恵のデカい目とかいくつか強く印象に残っていますが、全体はよく覚えていませんでした。

時系列通りじゃなくて時間を行ったり来たりするんですね。「これいつだ?」と考えながら観ることになるので緊張を強いられます。
家の中で起こってほしくないことが次々に、それこそ思いつく限り起こります。
もう夜に窓の外も見たくないし、ベッドの下も覗きたくないし、頭も洗いたくありません。
何もしたくありません。
でも寝ていても毛布の下に何かがいたりします。もう生きていられません。

結末も忘れてました。なんでしょうこの恐ろしいラスト。誰にも逃げ場がないんですね。もうダメです。

ビデオ版のお話を劇場版にリメイクしたんだと勝手に思っていましたが、調べたらビデオ版2作の続きになっているそうです。劇場版冒頭のモノクロシーンはビデオ版での出来事だったんですね。やっとわかった。

ドラマ『呪怨:呪いの家』の各エピソードもビデオ版から劇場版まで観ていると、どのエピソードの「実際に起きた出来事」かわかるようになってます。なるほど。
ビデオ版から順番に観るべきだったんですね。
『呪怨2 劇場版』はこの劇場版と話がつながっているらしいので、また今度暑い日にでも観ようかと思います。

呪怨2 劇場版
ホラー映画への出演が続く女優・原瀬京子はこの日、関わった者たちの悲惨な死や行方不明が後を絶たない“呪われた家”をレポートするテレビの特番にゲスト出演した。そしてその夜、フィアンセ・将志の車に乗り家路につく京子。だがその道中、彼の車は首都高速で猫を轢いてしまう。将志は猫の死体を処理せずに車を発進させるが、その時、車内には...
blinksaba
blinknbpb
タイトルとURLをコピーしました