日々棒組み761 俺はそれを “ハッピーサンデー ” と呼びたいら

日々棒組み

世間が「三連休」とか浮かれているのに全く関係なく出勤だったこの土曜日に帰宅するとアヤの友達が泊まりに来ていた。
翌日の日曜日にアヤは豊洲まで誰かのライブに行くらしいがそのお友達とではないそうだ。ちょっと不思議な状況。
夜が明けて、私もそこそこ早起きしたがアヤもお友達ももういなかった。ライブは夕方からだがグッズの販売は朝からなのでそのための早出らしい。お友達は巻きぞえの早起きか?

私はひとりで朝食をとり、ブログの更新。
先日Netflixの配信で観た映画『沈黙-サイレンス-』の感想をアップ(こちら→みんなでぱらいそさいくだ。映画『沈黙 -サイレンス-』“Silence” を観たら)。長くて重い映画だけれど緊張感を持続したまま観られる傑作。

やがて起きてきた妻が遅い朝食。
録画していたアニメを観たりしながらだらだらと午前を過ごし、コンビニで昼食とデザートを買い求め、食後は散歩で書店に寄り、帰宅してブログをもう一本。
これも映画の感想だが今度は低予算のクソ映画。この振れ幅が私の持ち味だと思っているのだが、誰も言ってくれないのでここで言っておく(ちなみに記事はこちら→行きがかりで映画『デッドマックス / 憎しみのサンダー・ロード』を観ちゃったら)。

そんなこんなしていて気づかないうちに田舎の母から電話が来ていて着歴が残っていた。誰か死んだかと掛け直したが出なかった。母が死んだか。
その間妻は二階でハンドメイド作品の製作に余念がない。

夕食は家で焼肉。
アヤはまだ帰ってこないので妻と二人、池上さんのテレビを見ながらの食事。
飲み食いしながらだらだらスマホを見ていると、大学の柔道部の後輩からFacebookにコメントが。
ブログのクソ映画の感想を楽しんでもらえたようなコメント。ちょっとうれしい。

ああそうだと思いついて母にもう一度電話。今度は出た。生きてた。生きて電話に出た。
聞くと、誰かが死んだとかではなく、今日は東京に行っていたのでなんとなく電話したとのこと。
なぜ東京に?と訊くと、ハワイアンのレイを作る講習会があったので参加してみたとのこと。
若い頃から手芸の先生をしていて、その講習でちょくちょく東京に来ていた母だがハワイアンのレイ?
85歳の母が、今までやったことのない、ハワイアンのレイを作る講習を受けるためにはるばる富士宮から東京(聖蹟桜ケ丘だったらしい)まで?
元気だねー。パワーあるねー。

母が言った。
「あんた、なんか趣味やってる?」
面倒なので詳しく話さず(ブログだのLINEスタンプ作ってるだの漫画描いてるだの言ったら長くなりそうだったので)、
「いろいろやってるよ」
とだけ言っておいた。
「ふーん、そうかい」
そう言って母は電話を切った。

やがてアヤも元気に疲れて帰宅(元気に「疲れたー疲れたー」を連発してる)。
アヤの土産話を聞きながら引き続き焼肉を食べた。

そこいらで私は思った。
みんなが好きに自分のやりたいことをやっている。田舎の母も。
いや。
ささやかだよ。可愛いらしいくらいにささやかだけど。
ささやかに好きなことがあり、ささやかにそれをやっている。
私は思った。

それは

幸せってことだね。


blinksaba

タイトルとURLをコピーしました