光あるところに影がある。問いあるところに答えある。
自問自答にこそ真実あり。

では前回最後に投げかけられた自問から自答いたします。

まなんていうか、ちょっとした事情っていうかなんかそゆうので「禁区」です。
特に中森明菜ファンではなく、「割と好き」くらいでしたが「禁区」はいいですよね。

なわけで次の自問。もういっちょ歌に関する自問です。

ということです。ちょっと石川啄木みたいな歌い出しがたまりません。でもいい友達がいるようでほっとします。風はのれんをばたばたなかせます。

では次。

なんでしょう。この自問の並び。悩みでもあるんでしょうか私。ラジオは知ったかぶりの大相撲中継。でもお絵描きしてると余計なこと考えなくていいんですよ。

では本日第4自問。悩める中高年からちょっと気分を変えてこんな自問。

  「ちょっと気分を」どころじゃないですね。でもスケベですよ『あばしり一家』。『ハレンチ学園』の1,000倍スケベ。あばしり一家は犯罪者一家なんですが、長男が「痴漢」。モラルのかけらもない漫画です。はい。夢中で読んでました。

本日は大サービスで第5自問。これ。

  すいません。本当に個人的などうでもいい自問自答でした。でも「漢字Talk」って不思議なセンスのネーミングだと当時は思いました。何年前だあれ。数えるのもめんどくさいくらい昔だ。

それではおなじみ。最後の自問投げ。とりゃっ!


amalink02