ゲームみたいな画面だけど映画以外のなにものでもない良い映画『1917 命をかけた伝令』“1917”を観たら

BS放送やら動画配信やら販売ソフトやら、ほとんどテレビ画面でばかり映画を観るようになった私ですが、時々「しまった!これは映画館で観るべきだった!」と思うことがあります。
『犬ヶ島』とか、映画館でもっとこの映画の世界にどっぷり浸りたかった!と思ったものです。
この『1917 命をかけた伝令』も映画館で観るとまた全然違った体験ができたように思えます。

『1917 命をかけた伝令』

映画の技術とか手法みたいのには全然暗いのですが、なんていうんですか、全編ワンカットに見えるように作られているというのは知っていました。
なんかそういう延々続く戦争アクション映画を想像していたのですが(そういうシーンも多々ありますが)、それがキモじゃなくて、なんていうかどういう映画かひとことで言うなら「いい映画」ですね、これ。

主人公が、ある重大な伝令のために危険な戦地を横断するのですが、ワンカット映像の中には登場人物の主観映像も多く、アクションゲームの画面みたいに感じました。『バイオハザード』とか。
なので、いやでも感情移入してしまい、戦場に死体がゴロゴロしてる場面では背筋が寒くなり、突然銃撃されるシーンでは首をすくめてしまいました。

そんななのでずっと緊張しっぱなしで観ることになりますが、終盤で主人公がとても「善人」な行動をする場面では、自分も善人になったような気分になれました。
これ、映画館で観ていたらもっともっと没入して、本当の善人になれたと思います。しばらくの間。

blinktasu
タイトルとURLをコピーしました