過去こそはすべて。思い出無き者は未来を語るなかれ。オールユーニードイズカコ。
というわけで。怖くて前に進めないおっさんの心の逃亡企画「オトーは月刊スターログと」第33回は、お楽しみ「’83年度ベスト10」発表号!

月刊スターログ日本版NO.67:1984年5月号 定価680円

表紙

目次

表2には「人類が生み出した究極の破壊用メカニズム それが核爆弾だ!」として、核兵器が登場するSF映像作品が紹介されています。『地球は壊滅する』『博士の異常な愛情』『世界大戦争』『続猿の惑星』『謎の円盤UFO』。どの作品でも核兵器が使われていますね。怖い怖い。みな核兵器使用の恐ろしさや愚かさを描いています。『謎の円盤UFO』以外。S.H.A.D.O.の戦闘機インターセプターの先っちょには核ミサイルが装備されていて、毎週撃ちまくってましたね。

 


そのころ春の新番組はアニメ充実だった

この春の新番組アニメが紹介されています。

日曜日:『ゴッドマジンガー』『超時空騎団サザンクロス』『ビデオ戦士レザリオン』『GU-GUガンモ』
月曜日:『ミッキーマウスとドナルドダック』
火曜日:『オヨネコぶーにゃん』
木曜日:『らんぽう』『巨神ゴーグ』
金曜日:『クルクルくりん』

ほとんど見た覚えないなぁ。『巨神ゴーグ』は面白そうだと思ったけど時間が合わなかったのかも。録画機とか無かったし。
今ならamazonで配信されてます。


巨神ゴーグ

4月に放送されるSF映画も紹介されてます。
『ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団』『クラッシャージョウ』『宇宙戦艦ヤマト完結編』『伊賀忍法帖』『ブラックホール』『スタートレック』。このあたりまでは知ってるタイトルですが、だんだん怪しい映画も混じってきます。『心臓コレクター』『惑星テラ』『実録!UFO大接近』。あ、『転校生』も放送したんだ。なかなかいい月でしたね。『クラッシャージョウ』はつい先日観ました。お話が娯楽に徹していて良かったですね(感想こちら→思い出、時代の匂い、そして普遍的な何か。劇場版アニメ『クラッシャージョウ』を観ただら)。

そのころギャラクシーナは射殺されていた

ニュースの中に、ドロシー・ストラットンをモデルにした映画『スター80』の紹介があります。誰?ストラットン。
ドロシー・ストラットンは、プレイメイトから女優になって、『ギャラクシーナ』というSF映画で主役のアンドロイド・ギャラクシーナを演じましたが、その後別居中の夫に射殺されてしまったかわいそうな人です。20歳だったそうです。


禁断のアンドロイド ギャラクシーナ [DVD]

映画のタイトル『スター80』の80はドロシーが殺された1980のことで、いま生きていれば58歳なんですね。今回wikipediaの記述も読みましたが、この映画、“彼女が殺害された実際の現場を使って撮影されている” そうです。


スター80 [DVD]

そのころダグラス・トランブルは『ブレインストーム』だった

SFXマンとして超有名なダグラス・トランブル “Douglas Trumbull” の監督第2作として(第1作は『サイレントランニング』)、『ブレインストーム』“BRAINSTORM”が12ページにわたって紹介されています。
この映画、多分観た。テレビ放送かレンタルか忘れたけどテレビ画面で多分観た。多分観たけど内容忘れた。エッチしてる他人の記憶を再生体験したり、臨死の記憶がどうとかいう話だった。(ような気がする)


ブレインストーム (字幕版)

記事もSFXに関するものが中心ですが、撮影中にナタリー・ウッドが亡くなって、彼女の遺作となってしまったことも伝えられています。
で。
『ブレインストーム』に関してもwikipediaで調べたりしてたのですが、ナタリー・ウッドの死に関してこんな記述がありました。
“2018年2月1日、捜査当局者はこの件について「不審死」として捜査を行なっていることを明らかにした。”

怖いよ。ドロシーばかりかナタリーも。芸能界は怖いよ。てか2018年2月1日ってついこの前ですね。

そのころレイア姫より芳山和子だった

この5月号は、1983年度の「ベスト10」発表号でした。
各部門10位まで発表されています(ベスト“10”だからさ)が、打つのがしんどいので、ここでは各5位まで発表します。
*SF映画部門:
1位『スターウォーズ ジェダイの復讐』
2位『スタートレック2 カーンの逆襲』
3位『クラッシャージョウ』
4位『ダーククリスタル』
5位『時をかける少女』

*監督部門:
1位 ジョン・バダム(『ブルーサンダー』『ウォーゲーム』)
2位 大林宣彦(『時をかける少女』)
3位 ニコラス・メイヤー(『スタートレック2 カーンの逆襲』)
4位 リチャード・マーカンド(『スターウォーズ ジェダイの復讐』)
5位 安彦良和(『クラッシャージョウ』)

*ヒーロー部門
1位 マーク・ハミル(『ジェダイの復讐』)
2位 ロイ・シャイダー(『ブルーサンダー』)
3位 ハリソン・フォード(『ジェダイの復讐』)
4位 ウィリアム・シャトナー(『カーンの逆襲』)
5位 ショーン・コネリー(『ネバーセイ・ネバーアゲイン』)

*ヒロイン部門
1位 原田知世 (『時をかける少女』)
2位 キャリー・フィッシャー(『ジェダイの復讐』)
3位 カースティ・アリー(『カーンの逆襲』)
4位 タニア・ロバーツ(『ミラクルマスター』)
5位 キャンディ・クラーク(『ブルーサンダー』)

原田知世、キャリー・フィッシャーを抜き去って第1位。立派です。


時をかける少女

あと、正式な投票ではありませんが、『ワースト部門』もあって、

*スターウォーズTV版(吹き替え問題ですな)
*『バンデットQ』をメチャメチャにカットした配給会社
*『ジェダイの復讐』をマンガにしてしまったイォーク
*自己満足の映画に14億も使った村上龍(『だいじょうぶマイフレンド』を観た人みんなが「だいじょうぶか?」と思った件ですね)
*見かけだおしだったボバ・フェット(死に方死に方)

などが挙げられていました。
ワーストの方が魂入ってる感じですね。

というわけで。今回は、核兵器、殺人事件、過去の事故の疑惑と、社会派で迫った「オトーは月刊スターログと」でした。
それでは次回をお楽しみに!ごきげんようさようなら!5月病になりそうだったら昔の楽しかったこと思い出せよ!