期待と不安、ふたつ我にあり。実写映画『キャプテン』を観たら

最近では物議をかもす事の多い漫画原作の実写映画ですが。
これがスポーツ漫画だとさらにさらにハードルは高くなります。

原作漫画のイメージをある程度再現したうえでその競技もそれらしく見せなければならず、それが団体競技であれば何人もの俳優さんが通常の演技力プラスその競技の動きをそれっぽく演じる能力が必要となってきます。これはたいへん。

『ドカベン』の実写映画ではキャラの再現重視に振り切って清々しいばかりでしたが(参照→柔道部と野球部以外はみんなチンピラ。実写映画『ドカベン』を観たら)。

水島新司とちばあきおでは「漫画」っつっても楽しむポイントがずいぶん違いますけどね。

というわけで『キャプテン』。東京MXで放送されたものを鑑賞しました。
実写映画化されていたのを知らなかったので、放送を楽しみにしていましたが、不安と期待というか不安が期待でドキドキしてました。

『キャプテン』DVD

実写版の谷口君、とっても細身でナイーブな感じ。
漫画の谷口君はシャイですが、何かそういうんじゃなくて儚いっていうか触れたら傷つけてしまいそうなそんな感じ。野球やってるよりエヴァンゲリオンに乗ってる方が似合いそう。

ただお芝居がちょっとっていうかだいぶっていうか、棒読みって言うんですかねこういうの。野球映画なので「バット読み」とでも言いたいところです。
でも後でわかるんですが、野球の動きはちゃんとしているように見えました。それと、微妙なお芝居はあれだけど大きな声を出す場面ではちゃんと声が出てました。多分体育会系ですね、この子。
野球にもお芝居にも詳しくない私がこんなこと評価できたもんではないのですが、他の子たちもそんな感じだったので、「野球ができる子を選んだんだなきっと」と思って見ていました(後で調べたらやっぱりそういうことだったみたいです)。
演技はあれですがこの谷口くんはつい応援したくなっちゃう谷口くんでした。

そんな中でイガラシは良かった。ホント良かった。
「そうそうイガラシこんなやつ」って何度も思いました。キャラの再現度ではこの映画で第1位ではないでしょうか。第2位が丸井。丸井もずっと良くて、丸井の最後のセリフで「この映画好き!」って思いました。

弱小だった墨谷二中野球部が特訓を重ね勝ち進む過程で、ランニングで地元の商店街を駆け抜け、長い石段を昇りつめ、頂上でみんなで「ウェ~イ」となるシーンがありました。
まぁ『ロッキー』のあれなんですが、あれって、特訓とか努力を重ねた末にある高みまで到達したっていう映画の共通記号になってるんじゃないかなってちょっと思いました。
「絶対勝てっこねぇ!」だったのを必死に努力して、長い階段昇りつめて「ウェ~イ」ってやれば「このひと(たち)はもう互角に戦える程度の実力を身につけました」っていう宣言。
観客にこの「ウェ~イ」を共感させられるかどうかが勝負所でしょうか。
と言いながら他の映画で石段昇り詰めるシーンて思い出せないけど。なんかこう「反撃が始まる」って記号はありそうな気がします。

原作を読んだのがずいぶん昔で、細かい所は忘れていましたが、心に残っているシーンがどう出てくるのかなぁ、と思いながら観ていたら原作を思い出してずっと目がウルウルしてしまいました。
時々入るCMが「8月はガメラ祭り」という東京MXの番組宣伝で、これもまた私の気持ちを高揚させました(夏休みに怪獣映画ってさすがMX、わかってるよなぁ、と感心する61歳でありました。 東京MX公式→8月はガメラ祭り)。

最初に「不安が期待」とか書きましたが、予想していたよりずっと良かったです。物語の配分がうまいな、とも思いました。
そして、さっきも書いた最後の丸井のセリフが映画『キャプテン』を締めてくれました。ありがとう丸井。
気持ちが沈んだ時に観るといいかも。たくさん穴や疵があっても「まぁがんばろうか」って気持ちになれますよきっと。

さ、次はガメラだぞ!

blinknbpb
blinkani
タイトルとURLをコピーしました