SFも格闘技も好き。でもSF+格闘技は “微妙” かな。
と思って、こういうのやってるの知ってたけど観てませんでした。
体に機械つけてボクシングって。邪魔だろむしろ。
『あしたのジョー』を「原案」としてるのも知りませんでした。
何かでそれを読んでもっと “微妙” になりました。っていうか “??” でした。体に機械つけてあしたのためにかよ。何だよそれ。

で、“??” が気になって観てみました。amazonのプライムビデオにあったので。
古くからの『あしたのジョー』ファンとして、「観てやろーじゃねーか」みたいな気持ちがあったことは正直に言っておきます。

そしたらね。
面白いんですね。
あしたのジョーじゃなくてもいいじゃん、でもあしたのジョーだなこりゃ、ああ、こりゃジョーだ。こっちのジョーもジョーだ。それでいーや。

って感じでしょうか。
『あしたのジョー』ではないんだ。でも『あしたのジョー』なんだ。あちこち。でも観てるうちにそれはどうでもよくなって、でも第11話で南部(段平的な人ね)が初めて「立つんだジョー!」って叫ぶシーンで俺は泣いたよ。

そして私がこのアニメにやられちゃったもうひとつの理由がエンディングの素晴らしさ。
歌ってこんなふうに歌えるもんなんだすげーな。って思いました。
ここで聴けます→youtube かかってこいよ / NakamuraEmi 

というわけでアニメ『メガロボクス』次回最終回!
amazonプライムビデオなら第1話から観られるよ!毎回エインディングで出てくる日本語サブタイトルも見逃すな!

→アニメ『メガロボクス』公式サイト

 

blinksaba